スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「美」を見つめる♪

11月14日(日)


この日の福岡は晴天で、ポカポカ陽気♪

相方のがっちゃまん酋長と、地元福岡で有名な 大濠公園 へと

行って参りました。



101114_1140~0001

(ずっと陽射しを眩しがっておりました、酋長)



もう終わっていたと思っていたコスモスも、少しだけ見る事が出来ました♪



101114_1314~0001


目的は、ここです☆


101114_1145~0001


大濠公園内の、福岡市美術館で開催されている

「シャガール展」


20代の頃からずっと好きでした♪


IMGP8036.jpg


特にシャガールが・・・とこだわっている訳ではありません。

個性があって、作者の「テーマ」が垣間見えると、素直に感動してしまいます。



普段は写真集でしか見れない絵画。

現物を目の当たりにすると、どんなに時を経ていても

情熱を注いだ作者の息吹を感じます。



ある程度の背景は知っていたいけど、先入観ではなく

目の前の作品と、素の自分が対峙したその瞬間!



100年近く前になろうかという絵が

こうして完璧なまでに残っていて、福岡という土地で巡り合えた奇蹟。

その事実だけでも、感動してしまいます。



IMGP8041.jpg


シャガールらしい代表作は沢山ありますが

わたくしが20代の頃、自分の人生に希望を託して眺めていた絵。


IMGP8042.jpg


どんなに引越しを重ねても、手放さなかった写真集は他にも

竹久夢二。


IMGP8037.jpg


小学4年で、初めて美術館を訪れて鑑賞した

エドガー・ドガ。


IMGP8038.jpg



田園と農民を気高く描いた

ジャン・フランソワ・ミレー。



IMGP8040.jpg



わたくしの中にある基準の「美」は、全て大好きな芸術作品から

培われてきたのだと感じています。




全ての人は、表現者。



自分らしい表現が常に出来て、自分にない他人の個性や表現を

素直に認め共感できたら、どれだけ素敵な世の中になるだろう♪

そんな事を思った、2010年11月のシャガール展。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も幼少期から、それなりに親が期待をして美術館やら連れて行かれましたが・・・心奮わず。

帰って迷う結果となりました。

どうやら私の『美的センス』は産道で引っ掛かって置いて来たようです。

せめて美の価値を知っている人と繋がる事で美的基準を定めようかと思う次第であります。

なので宜しくお願いしますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

クーリエさん♪

コメント、ありがとうございます!

ええ~~!クーリエさんに美的センスは絶対にありますよ☆
じゃないと、お店もあんなに素敵に出来ないですし
宝石を扱うこともできません(きっぱり♪)

それぞれが持ってるセンスを、お互い最大限に引き出しあえたら
いいですね(^^)
こちらこそ、宜しくお願いします(*^^*)
プロフィール

moka

Author:moka
2匹の愛犬との生活&日々の
お気に入りを綴ります♪

パワーストーンや
プリザーブドフラワーの
作品を手掛けています。
お気軽にお問い合わせ下さい(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。