FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温かな光♪

お正月気分もすっかり抜けつつあるかな・・と思った6日(金)の

初出勤の翌日から、3連休に突入したわたくし( ̄ー ̄;

果たして、火曜日から頭の回転は大丈夫か?


そんなわたくし。

もうかれこれ3ヶ月近く美容室に行けずにいたので

5日(木)に、カラー+カット+パーマをかけてきました。

もう長いこと

120106_1940~01

ミュシャのブロンズ像に憧れ、30代からのほとんどを

こんな髪型で過ごしてきましたが

今回美容室の方からススメられるまま、前髪をカット!

しかもパッツンカット!


あまりのパッツン具合に

会社の仲間から、「ÅKB48歳ってどう??」と言われました。

やだ、まだ48歳には遠いのよ・・(--)


しかし。

この前髪で、わたくしは腎臓病患者・・ということを改めて思い知ることに(^^;;


この病気になってから、少し無理をしたり、夜に水分を摂るとそれがなかなか

抜けなくて、午前中は顔や目がテキメンに腫れるようになりました。

パッツン前髪だと、目が腫れた時にすごく強調されます。

土曜日、前日に飲んだので早速そういう目に(--)


初めて腎臓病で入院した時、ステロイド剤を大量に点滴したり

薬を飲んだりしたので、わたくしの顔はその副作用であっとい間に

ムーンフェイスになりました。


顔が丸くなるだけならいいけれど、朝の目がごっそりと腫れるようになり

ものすごく人相が変わるので、午前中は誰とも会いたくない状態が続きました。


退院後主治医の勧めもあり、わたくしは半月近くを実家で過ごしました。

その時、小学時代の恩師がお見舞いに来て下さったのですが

25年振りの再会で、変わり果てた顔を見られたくなくて

「会いたくない」と母に拒絶してしまいました。

結局、折角来て下さった先生の手前申し訳なくて入って頂いたのですが

わたくしは両手で、目を隠して先生と話をしました。


先生は優しく「大丈夫だよ、その手を離してごらん」と言って下さったのですが

「いやだ・・」と言って大声で泣いてしまいました。

先生はゆっくり待っていて下さって、ついにわたくしの顔を見た時に

「可愛いよ。あの頃から素敵な女性になったね」とにっこり笑って下さいました。


当時38歳のわたくしが、あの頃より変わり果てた顔で

子供のように泣いてしまい、先生を内心困らせてしまっただろうことは

想像に難くありません。

けれど先生の言葉は、同時にわたくしの中で温かな一筋の「光」となりました。


101010_1019~0001
(ある年の、父の命日に写した太陽。すごく優しい光に見えました)


幼い頃から身体は弱かったけれど、大病を患う前と患った後では

それまでの価値観や精神的な世界がまるで違います。


精神的にあっけらかんと強くなったのは、この3年くらいで

それまでは普通に暮らしている人が何気に使う言葉すら、すごく無神経に感じたり

人が言葉を本心で言ってくれているのか、表面だけなのか・・ということに

すごく敏感な時期がありました。


結局、何であっけらかんと生きることが出来るようになったかと言えば

先生の言葉が「光」であったと当時に

自分をリラックスさせる言葉や、温かい言葉を心に書きとめるように

増やしていったからです。


自分のことを大らかにさせる為には、まずは自分を

大らかな優しさで受けとめるしかない。

人の悪口を言えばそれが自分に跳ね返るのと同じように

いつも笑顔でいたいなら、人をも笑顔に出来るよう自分が心がける。

そんな半分は「訓練」とも言える事を繰り返しながら、やがてはそれが

卑屈な心を上回った時、多少の事では動じない強さになるのだろうと思います。


110425_1930~01



髪型の話しから、こういう話しにまで行き着きましたが

わたくしのブログには、病気を患われている方も訪問されていますし

何より、そういう自分を時々は振り返ることが必要なのだと感じています。


そんな訳で、時々は目の腫れが強調されてる時もあるだろうけど

パッツン前髪も悪くはないと思えた2012年、年の初め。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

mokaさん,辛いことがたくさんありましたね。
 それを乗り越えて,逞しさを感じます。
 さて,前髪ですが,切ったのは美容院に行く回数が増えるからではないでしょうか。
 私は伸びたら,前髪だけ自分で切っています。
 昨日,姉に,
「何て言ったら,そんな髪型になれるの?」
と聞かれ,それを聞いた妹に,
「美容院の椅子に座ったら,そうなるんだよ。」
と言われてしまいました。
 素敵な髪型になるのは難しいです。

No title

パッツン前髪も、待っていたら伸びます。

時間が解決してくれる事って意外と多いと解る様になったのは私も最近。

昔は答えは自分で導き出すモノと考えてばかりいて数多くの失敗を経験しました。

押してもダメなら・・・引いてもダメなら・・・放置。

放置がダメって気付く頃には忘れているはず。

mokaさんの心の強さ、私も見習わなければ・・・と思った2012年、年の始め。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

mokaさま

ご訪問できず、ごめんなさい。
今年もよろしくです♪

前髪ぱっつんは、かわえぇよぉ♪
多めに前髪を取って切ると
ボリュームもでて、なおかわえぇになりますぞ♪

あっけらかんはね、
辛い経験をして強くやさしくなれたから。
達観出来るようになったってこと。
ka ・ ren 的には「ヌケル」と言います。
そして放置を「ネカス」と言います。

人って弱い生き物だから
逃げ出したくなったり、クレームつけたり、誰かのせいにしたり。
そんなことより、もっと大事なことはあるのにね。
moka さまは、その根本的な大事なことに気がついたってこと。
って思った2012年、年の初め。

No title

mokaさんのブログやコメント、
コメントへの返事などを読んでいると、
とても細かい、やさしい心遣いをいつも感じていました。

「大人だな~」って漠然と思ったいましたが、
こういういきさつがあったんですね。

今私も、「すべてをありのままに受け入れる」
という訓練をやっています。
マイナスな感情、人に対する怒りなどを感じたら、
すぐにそれを、ポイって捨てる訓練もやっています。

なかなか難しいのですが、
うまくいったときは、心が軽く、楽に、やさしくなれます。

mokaさんのやさしい心遣い、もっと見習わなければ、
と思った2012年、年の初め。

はもうとっくにすぎた1月12日・・・(^_^;)

季節の花々さん♪

コメント、ありがとうございます。

病名が発覚するまで、自分の体が明らかにおかしいことを
感じていたので、分かった時にはモヤモヤも取れて
入院も出来てホッとした事を覚えています。

でも、様々な検査や薬の副作用は辛かったですネ(^^;;

私は信頼している美容室以外は行けないタチです。
担当がいなくなると、転々とはしてしまうのですが
カットだけは誰でもいい・・という訳にいかないですね。

季節の花々さんのお姉さま、妹さま、皆さんホントに
仲良しですねぇ♪味のある会話です。

弟とはなかなか美容関係の会話は出来ません(涙)

クーリエさん♪

コメント、ありがとうございます♪

パッツン前髪も伸びてきたら、しばらくはまた以前のように
したいと思います。

気に入らなかった訳じゃないんですけど、落ち着かなくて(笑)

物事の解決には、ある程度の時間が必要ですね。
特に自分の心の想い方は。
想い方にはある程度クセがあるので、そこを違う視点に
持っていくには、時間って大事だなと。

放置する訳じゃなくて、少しずつ成長するのを待つというのか。

確かに時間を経て忘れているのは、どうでもいいかな♪

クーリエさんの考え方を見習わなきゃな・・・と思った2012年、1月半ば。

鍵コメさま♪

コメントありがとうございます(^^)

お互い幼い頃から、体のことは人生のテーマでしたネ。
でも、だから鍵コメ様とは似た所があるのかなぁ。

人の苦しさも想いにも、鈍感ではありたくないですね。
そっと手を差しのばせるような、そんな40代でありたいです。

鍵コメさまは、人を励まし元気に出来る素敵な方ですネ!

ka・renさん♪

コメント、ありがとうございます♪

今年もどうぞ、宜しくお願いします(^^)

ぱっつん前髪、かわええかなぁ?(笑)
でも、違う人になったみたいで落ち着かない毎日です(^^;;
その内慣れるんでしょうか??
そう思ってたら、伸びるのが先かなぁ。

あっけらかんを語って下さったka・renさん。
きっとそれはka・renさん自身のことですネ(^^)

お互い身体については悩まされていますけど
忙しい中でも大事にしていきましょうネ!
これからもずっと仕事をして、何かを発信していく為に。

そんなことを思った2012年、1月の半ば♪

まいたけパパさん♪

コメント、ありがとうございます(^^)

まいたけパパさんこそ、お気遣いある心温かなコメントを
有難うございます。

大人なんですけど、40代ちょっとまでもがいて
やっとリラックスした心が、緊張した心を上回りました。

というか、そんな感じです(笑)

マイナスな感情って、1日の内に絶対どこかで生まれるじゃないですか。
人間だもの(笑)でも、すぐにどうでもよくなります。

腎臓病の他にも違う病気もあったし、先に腎臓の治療をすると
死んじゃうかも知れないなんて言われて
死が実はすぐ目の前に来るなんて事態を経験した時に
ものすごーく後悔しましたもん、それまでの過ごし方や想い方。

どうでもいいことに捉われてることが、もったいなくなりました。
それでもまだまだ、50点位ですけど80点くらいな気持ちで
日々過ごしてます。

まいたけパパさんのように、意識しなけければ自分は変われません。
だから大事なんですよ、生き方を意識することって。

他にもまいたけパパさんのように、身体を大事にすることを
意識しなきゃな・・と思った2012年1月14日(笑)
プロフィール

moka

Author:moka
2匹の愛犬との生活&日々の
お気に入りを綴ります♪

パワーストーンや
プリザーブドフラワーの
作品を手掛けています。
お気軽にお問い合わせ下さい(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。